<この世界で切り開く1つの生涯のお話>
1999年に世界が滅亡するというノストラダムスの予言は外れました。
しかし、1人の人間がそのとき、アンゴルモアの大王を閉じ込めたとしたら・・・
この世界は続きます。私の役目もまだ沢山残っているみたいです。
今は、フリーターをやっていて、何気なく日々を過ごしている、
どこにでもいる、ごくありふれた人間のようで人間でない、
自分ともう1人の自分が送る心の世界。

ようこそ!「自分に問いかけてみたらNEXT」

わたしの心の世界へ


わたし(真)ともう一人の自分(ムウ)がお送りする問いかけによる

心模様を書き連ねるブログです。


ブログランキング参加しています。

もしも内容に共感して頂けたら押していただけるとありがたいです↓

人気ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング 

わたしともう一人の自分が送る心の世界ですが、

お時間があればゆっくりしていって下さい。


201312_2spi
2013年12月のAsasaneの絵!

Picture of Asasane
Picture of Asasane
↑那カ晁真(なかあささね)の絵!

Asasaneデザイン工房
Asasaneデザイン工房

Asasane Level Five Sound
Asasane Level Five Sound

自分に問いかけてみたらNOVEL
自分に問いかけてみたらNOVEL
↑物語の草稿書いています。まだ下書きですので…

自分に問いかけてみたらNEO
自分に問いかけてみたらNEO
↑NEOバージョン

 
2017/10/28

「そのとおりです」


真 :今日は、ゆっくりしていたのだけど
  :また眠たいのが、今度は頭の中に
  :直接的に入ってきていたので
  :眠いの歌を、
  :ああ、前は眠いことがあったり
  :眠たいことをやられたときは、
  :歌い続けていたけど、
  :今回みたいに、即、
  :録音したのは、初めてかな
  :まぁ、その声をネットに
  :上げるのはひとまず置いといて
  :眠たいことをやられたときに、
  :繰り返し聞こうかなって思っている
  :そのあとで、やっぱり、わたしが、
  :そういう眠たいことをされたときの
  :力を借りて歌うのではなく
  :わたし自身が歌いたいと思ったときに
  :歌ったほうが、いいものが
  :出来るのではないだろうかと思ったので
  :眠いの歌を録音したあとに、
  :わたし自身が、歌いたいと思ってから、
  :自分がレベル6なのを意識して
  :少し間を開けてから、
  :再び歌ったものを録音した
  :なかなかいい感じだなって思っている
  :まぁ、なんていうのだろう
  :こういうことを、
  :分かっていてやっているものたちが
  :いるってことは、なんとなく分かっている
  :数字とか見てみれば、なぜこのタイミングで
  :やっているのか、すぐに分かる
  :それに乗せられてわたしも、
  :こういう記事を書いているのだけど
  :二つ、プラスなことをいうと、
  :風呂に入ると、綺麗になってさっぱりする
  :それと、天はいつも人の行いを見ている
ムウ:そのとおりです

コメント

非公開コメント