<この世界で切り開く1つの生涯のお話>
1999年に世界が滅亡するというノストラダムスの予言は外れました。
しかし、1人の人間がそのとき、アンゴルモアの大王を閉じ込めたとしたら・・・
この世界は続きます。私の役目もまだ沢山残っているみたいです。
今は、フリーターをやっていて、何気なく日々を過ごしている、
どこにでもいる、ごくありふれた人間のようで人間でない、
自分ともう1人の自分が送る心の世界。

ようこそ!「自分に問いかけてみたらNEXT」

わたしの心の世界へ


わたし(真)ともう一人の自分(ムウ)がお送りする問いかけによる

心模様を書き連ねるブログです。


ブログランキング参加しています。

もしも内容に共感して頂けたら押していただけるとありがたいです↓

人気ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング 

わたしともう一人の自分が送る心の世界ですが、

お時間があればゆっくりしていって下さい。


201312_2spi
2013年12月のAsasaneの絵!

Picture of Asasane
Picture of Asasane
↑那カ晁真(なかあささね)の絵!

Asasaneデザイン工房
Asasaneデザイン工房

Asasane Level Five Sound
Asasane Level Five Sound

自分に問いかけてみたらNOVEL
自分に問いかけてみたらNOVEL
↑物語の草稿書いています。まだ下書きですので…

自分に問いかけてみたらNEO
自分に問いかけてみたらNEO
↑NEOバージョン

 
2017/09/07

「さきはながいです」


真 :今日は、会社では、
  :昨日に引き続き
  :はがきの印刷をした
  :途中でインクが
  :あと少しですと
  :表示が出たけど
  :スタッフの人の
  :話しでは
  :今まで、かすれたことは
  :ないということだったので
  :そのまま印刷を続けた
  :結局、そこから、
  :千枚くらい印刷して
  :時間内に、だいたい
  :千五百枚を印刷した
  :インクもなくなって
  :きりがいいなと思っていた
  :帰り間際に、新しい
  :インクのトナーが
  :届いたので
  :明日からは、心おきなく
  :また印刷が出来る
  :まぁ、残業はせずに
  :帰ることにした
  :帰り道、走っていると
  :後ろに、一桁の番号の
  :車がいるのが、
  :バックミラーで分かって
  :ひらがな一字が確認したくて
  :交差点で右折するとき、
  :その車が通り過ぎるのを待った
  :結局、ひらがな一字は、
  :違っていた
  :交差点を右折して、
  :走っていると、
  :今度は、コンビニから、
  :ピンクの靴を履いた女性が
  :車に向かって
  :歩いているのが見えた
  :すかさず、車を確認したら、
  :いつもの一桁の番号の車だった
  :少し車の速度を落として
  :笑顔で通り過ぎた
  :それで、いつものコンビニの
  :駐車場についてから
  :コンビニのドアの前で、
  :ほんの少し待っていたら
  :後ろから、すれ違った、
  :心なしか、通り過ぎるとき、
  :車の速度を
  :緩めてくれた感じがした
  :ありがとうございます
  :まぁ、気分は、とても良かった
ムウ:さきはながいです
真 :帰ってからは、ゆっくりしている

コメント

非公開コメント